植物個体の環境モニタリングシステム


  1. 概要
      植物工場向けオールインワンモニタリングシステム(TBCF-10)は,東京農工大学・植物工場研究施設より委託されて開発した,植物個体の環境モニタリングシステムです.植物個体ごとの温度・湿度・土壌水分・pH・ECなどをモニタリングする各種環境センサー等を設置し,センサー制御・データ収集を行い,データベースに登録します.植物個体はICタグにて管理され,それぞれの個体について育成歴,病歴などの管理が一括して行えます. 取得したデータについての時系列表示を並列表示する事で,栽培に有効なパラメータの相関分布が簡単に行えます.
  2. 仕様
    • システム環境   : Windows, mySQL
    • ポット用PC       : 防水型ノートパソコン
    • 測定項目         :  温度, 湿度, 土壌水分, pH, EC, Pot重量, 光量
    • データロガー設定により,データ取得間隔,取得期間を任意に設定可能(連続測定可能)

  3. 構成例

    plant

    植物工場1

    サーバーPC画面

    植物工場4

    Pot用PCとセンサ

    植物工場3

    センサ設置の様子