ラビング膜評価例2


  • 測定結果
      測定結果を以下の4つのグラフに示します.テーブル速度(試料の送り速度に対するリターデションの大きさReと,主軸の方位Φ(3σ)との関係をプロットしてあります.パラメーターには,ラビングロールの押し込み量を取りました.配向膜の厚さ,及び材質によって,複屈折量の現れ方が異なることが分かります.
    grph1000

    配向膜の厚さ :1000 Å

    grph200

    配向膜の厚さ : 200 Å

    次のページには,これらのグラフをまとめ直したものを示します.

     Back                                                                     Next